むし歯を防ぐ

歯のチェック

歯を害する病気について知りましょう

私達は毎日食事をします。食文化と言う程、食事は人類の社会に欠かせない存在です。日々の生活は勿論、生涯を豊かに楽しく過ごすために毎日美味しい食事を摂りたいを誰もが思うでしょう。高齢や事故等が原因で歯を失ってしまうと食事が美味しくないと言う話を聞いたことのある人もいるでしょうが、歯を長く維持するためには歯科医療が欠かせません。 歯科治療をしてもらう際の原因で一般的な症状は虫歯と歯周病です。それぞれ虫歯菌、歯周病菌による感染症です。虫歯菌は歯の表面にあるエナメル質のカルシウム成分を溶解して進行すると欠損が発生してしまいます。歯周病菌は歯と歯茎の間に増殖して毒素を排出します。毒素は歯茎をやせ細らせて顎骨を溶解していきます。

歯科医療はメンテナンスに欠かせません

歯科治療は多くの人が受診した経験があることでしょう。大抵は日々の予防策として歯磨きをしっかり行うことを勧められて、日本では誰もが習慣的に歯磨きを行っています。 しかし、毎日の歯磨きを欠かさないだけで虫歯や歯周病を防げる訳ではありません。口腔内の状態は個人差が大きく、歯の生え方や質、唾液量や口腔内の細菌数や種類等の様々な要因が関わって虫歯や歯周病の発症に繋がるため、病気のリスクを減らすためには歯科医院によるメンテナンスを受けることが必要になります。日本における従来の歯科医院への通院は病気を発症してからが一般的でしたが、欧米諸国では口腔内の健康の維持・管理として定期的に受診することが多く近年では日本でも推奨されています。